貴社は大丈夫? 対策すべき

自動翻訳のリスクコントロール

その翻訳、本当に正しいですか?

近年、自動翻訳は劇的に精度が向上しています。Google翻訳やDeepLなど、各社サービスの向上によってさまざまな用途で自動翻訳の利用が広がっており、中にはプロの翻訳者に匹敵するような高品質なサービスも生まれています。その一方で、訳文の品質を判断することは容易ではなく、「正しく翻訳できているのか?」という不安の声が多く聞かれます。自動翻訳の誤訳により重大なトラブルに発展するケースも報告されており、便利な反面リスクを伴うのが実情です。

翻訳トラブルを未然に防ぎましょう

こうした社会問題にもなりつつある自動翻訳の課題について、本資料ではリスクコントロールのための傾向と対策をご紹介いたします。自動翻訳はうまく活用できればコストをおさえて良質な翻訳結果を得ることができる大変便利なツールです。どのように自動翻訳を活用し、翻訳リスクをどうコントロールしていくかを検討するうえで、ぜひ本資料をお役立てください。

下記のフォームを送信していただくと資料を
ダウンロードできます。